頭が良くなる朝の行動 

人生

頭が良くなる朝の行動

水を飲む

人は寝ている間に約200〜300mlの水分を失っていると言われています。

人は体内から2%以上の水分がなくなると一気に集中力がなくなってしまいますので朝起きたら水分を補給するようにしましょう。

余談ですがご存じのとおり人の体は約70%以上水分でできています。

余裕のある方はこの「水分」

にも気を使いましょう。

朝水道水を飲んでいるのは論外です。

日本の水道水は飲めることで有名ですが、ただ塩素を入れているだけです。

ほとんどのところが水道管を洗っていません。

「日本 水道管 画像」で調べればたくさん出てくると思うので調べてみてください。

また市販のペットボトルのお水を飲んでいる人は水道水の人よりはましですがもう少し気を使いましょう。

有名な天然水でいうと、天然の水と書いてあるのにも関わらず使用費期限が以上に長くないですか??

つまりは何かが入っているということですww

ウォーターサーバーに関しては「流れていないない水」なのでなので結果あまりよくはありません。
たとえるなら沼です。

皆さん知っていましたか??

水は流れていたら川、流れていなかったら沼になるらしいですww

川は飲めるけど、沼はさすがに飲めませんよね。

この公式で行くと体の中の水は「肉の壁に覆われた沼」ですww

なので水を飲んで定期的に循環しましょうということなんです。

実際にモデルさんなんかが一日で飲む水の量は半端ないです。

だからきれいなんですね。

話を戻すとウォーターサーバーも止まってい
る水なので純度でいうとそこまでかと。

結論

浄水器などがいいです。

お金持ちの人とかは健康にも気を使っているのでほとんどのお金持ちは浄水器を常備しています。
お金があるから健康にこだわるのか、健康にこだわるからお金持ちなのか・・・
だいぶ話題がそれてしまいました。

すいません。

次からまた話を戻して頭のよくなる行動です。

軽い運動

人は軽い運動をした後の2〜4時間ほどは認知能力や集中力考察力が高まることがわかっています。

また、運動しないのは鬱になる薬を飲んでいるようなもの
と言っている学者がいることからもいかに運動が大切なのかがわかりますね。

やることリストを作る

プライミング効果といって先に知覚した事柄が後の知覚に影響を与える
というもので
最初に知ったもの、覚えたものは後から知るもの、覚えるものに少なからず影響がある
という意味です。

歴史の暗記中でもすでに知っている事柄とセットで覚えると覚えやすいのもそのせいです、
朝起きてその日のやることリストを作るとその日はやることがしっかりと頭に入っているので意識しやすいです。

朝起きたらやることリストを作ってみましょう。

ストレスを感じると人は頭が悪くなる?!

ペンシルベニア州立大学によると、人は「ストレス」を感じると決断力が下がり、集中力や注意力が下がり、記憶力までもが下がってしまい、いわゆる頭が悪くなってしまうという研究結果が出ています。
また誘惑やに負けやすく、ズルをしやすくなったりもします。
ストレスは感じるのもダメですが、予測するだけでも頭が悪くないります。
例えば

「今日も上司に会うのか嫌だな」
「今日も満員電車か」
「今日も残業か」

という風にあらかじめストレスを予測する行為も頭が悪くなってしまうのでやめましょう。

なぜストレスを感じたりストレスを予想しただけで頭は悪くなるのか。

それはストレスを感じたりすると認知脳に悪影響が出てしまうからなのです。

逆に今日一日の「いいこと」を考えると脳にはいい影響を与えます。

ただ人は生きているだけで常にストレスは付きまとうものです。

会社員ならば人付き合いや理不尽な説教。

朝一の満員電車etc・・・

大なり小なり数えきれないくらいのストレスが日常には潜んでいます。

「あっ 今自分ストレス多いな」
と感じているのならまずは少しずつでいいので環境を変えていきましょう。

なるべく人ごみの中を避けるとか、人付き合いが苦手ならなるべく人とかかわらない仕事をするとか。

いきなり大きく環境を変えるのは難しいと思いますので少しずつでいいです。

いかに「ストレスを感じずに生きていけるか」
これって結構大事です。

おわり

タイトルとURLをコピーしました