プログラミングって何?? プログラミングの難易度と種類とは??

プログラミング

プログラミングって何??

2020年IT時代や副業時代といわれる中でプログラミングを覚えてみたいう人は年々多くなっていきます。

プログラミングと一言で言ってもその分野は多種多様です。

プログラミングを勉強したみたいと思ったらそんなあなたに初心者が知っておくべきプログラミングの勉強を始める前に知っておくべきことを書いています。

プログラミングとは簡単に言って仕舞えばパソコンの言語です。

人間にもいろんな人がいていろんな言語があるようにパソコンにもパソコンの言語があるのです。

パソコンに人間の言葉を使っても分からないのでプログラミングという言語を使ってパソコンに意思を伝えようと言うことです。

プログラマー

プログラマーとはプログラミングを駆使してシステムを作り上げる職業です。

こちらもたくさん分野があるので興味がある人は覚えておきましょう。

Web系プログラマー

Web系プログラマーとはWebサイトを作るプログラマーです。

主な仕事内容はサイトを見やすくしたり、操作しやすくしたり、機能性を高めたしてユーザーの満足度を高めるお仕事です。必須の資格はないですが、IT系の資格はキャリア形成には大きく役立ちます。

将来的にはWebディレクターや、システムエンジニアになることも可能です。

システムエンジニア

利用者が何を求めているかを把握し、最適な問題解決につながるシステムを構築します。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとはセールス(営業職)とエンジニア(技術者)が混ざっていることからクライアントに対して提案やアフターフォローを行う職のことです。
主に営業現場で活躍するセールスエンジニアは「FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)」と呼ばれることもあり、技術的知識と営業スキルを必要とする仕事です。

オープン系プログラマー

オープン系プログラマーとは主にアプリケーションを作ったりします。

意外とソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク、データベースといったIT全般の知識が求められます。

インフラ系プログラマー

インフラ系プログラマーとは主にサーバーエンジニアやデータベースエンジニアのことを指します。

企業にとって生命線となるサーバーやデータベースの保守、管理をすることが仕事です。

資格を取っている方は高収入の待遇も?!

ネットワーク系プログラマー

ネットワーク系プログラマーとは主にネットワークシステムの構築や保守管理するお仕事です。

中でもセキュリティーエンジニアはサイバー攻撃などのテロにも耐えうるシステムを作るエリート中のエリートです。

資格としては「シスコ技術者認定」や「Camp TIA Security+」を取得した人は優遇されます。

プログラマーからシステムエンジニア、ITコンサルトとキャリアアップしていけば収入もアップしていくでしょう。

>>ウェブカツは本気で 年収 1千万円稼ぎたい人のためのオンラインプログラミング学習スクール

>>全件自社案件に携われる!数十を超えるメディア運営数!
IT総合商社のクリエイティブチームでフルスタックエンジニアを目指せます。
勤務初日からリモートOKのミドルベンチャー企業で働きませんか?

タイトルとURLをコピーしました