本日の仮想通貨ニュース

トルコ、仮想通貨法案をまもなく国会で審議か??

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は24日の記者会見で、暗号資産(仮想通貨)についての法案が、まもなく国会で審議される予定だと述べた。Daily Sabahなどが報道した。

6月には、トルコの中央銀行が仮想通貨についてのレポートを作成しており、以前から規制の準備は進められていたと考えられる。

トルコでは現在、仮想通貨を商品やサービスの決済手段として使用することは禁止されているが、取引や保有は可能だ。トルコ中銀のカブジェオール総裁は以前「財務省は仮想通貨に関する幅広い規制を策定している」、「中央銀行の立場として仮想通貨を禁止するつもりはない」と述べていた。

中銀のレポートは、価格変動の大きさ、マネロンや脱税、サイバー攻撃、投資家に対する補償がないこと、などを仮想通貨のリスクとして挙げている。

トルコリラ暴落で仮想通貨人気高まる

トルコでは法定通貨リラの価値が9月以降、一時的に40%近くまで下落する中、トルコリラを売却して仮想通貨を購入する取引件数が急増。1日あたり100万件を超えた。

3月にリラが暴落した際にも、一時100万件を超えていたが、7月にかけて50万件を下回った。夏以降、再び増加傾向にあり、最近再び100万件以上に到達した形だ。

ゴールドや米ドルなどの購入が、トルコで制限されていることや、仮想通貨の価格が今年急上昇したことも、人気に拍車をかけているとみられる。

また、2019年以降、対トルコリラ取引では、ビットコイン(BTC)や、米ドルに紐づけられたステーブルコインのテザー(USDT)が一番人気だという。

ビットコイン底入れの兆しが見えてきた、戻り高値を超えられるか??

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、530万円近辺から二段高を演じ、24日正午時点で、580万円周辺で推移している。

週明けから上値の重い展開で4.6万ドル水準となる520万円割れを試したBTC相場だったが、節目の水準で押し目買いが入ると、ハッシュレートの上昇や21日のアジア株式市場の反発を受けて530万円近辺から550万円台に一段高となった。

一方、その後は手掛かり難の中4.9万ドル水準で相場は失速。オミクロン変異株に対する警戒感が著しく後退したこともあり、週央に米株が急反発したが、BTCは伸び悩む展開となり、22日には4.9万ドルを終値で割り込んだ。

ただ、23日米時間には、暗号資産(仮想通貨)支持派として知られ自らもBTCを保有していることを公表しているシンシア・ルミス米共和党議員が、税制や規制に関して包括的な法案を来年議会に提出予定と報じられ、相場は550万円台中盤から上値を伸ばす展開となり、5万ドル水準となる571万円を突破し、およそ2週間ぶりに580万円台後半まで戻した。

飲料業界におけるNFTの可能性と法的リスクとは??

収益性の高い非代替性トークン(NFT)のオークション・セールが、世界中で話題を集め続けています。NFTは、RMDブロックチェーンなどのブロックチェーン技術によって開発された複製不可能な資産であり、その作成者、取引、所有者の追跡に利用することができます。

NFTの販売は、通常、イーサリアムブロックチェーン用に開発された暗号資産(仮想通貨)であるイーサ(ETH)を用いて行われます。仮想通貨の価値は非常に変動しやすいため、NFTの購入価格や価値にも仮想通貨は大きく影響を及ぼします。

また、NFTを取り扱うほとんどのマーケットプレイスでは、価格は米ドル表示であり、実際NFTによっては大変高額な価格で既に取引されています。例えば、ジャック・ドーシー氏の最初のツイートは290万ドル以上、デジタルアーティストのBeepleの作品はクリスティーズで6,900万ドル、CryptoPunkのCovid Alienはサザビーズで1,170万ドルの値をつけました。

NFTのオークションはますます開催頻度と人気を高め、多くの大手企業が参入し始めています。オークションに出品されているNFTは、NBA公認のバスケットボールから、1956年に発売されたタフィ社(Tafi)がデザインしたクラシックなコーラ自動販売機をピクセル化して描いた4つのコカ・コーラNFTシリーズと多岐にわたっています。

酒類企業によるNFTを利用したチャリティ

数多くのNFTが、慈善事業や善意の寄付を目的としてオークションにかけられています。

アルコール飲料メーカーさえもNFTを使ってパンデミックで影響を受けた人々のための慈善活動を行っています。Stella Artois社は、英国のホスピタリティ業界を支援するために「Stella Artois Tips」という慈善キャンペーンを展開し、NFTをオークションに出品しました。その最初のNFT販売額の100%と、それ以降の各販売額の10%がそのキャンペーンに計上されます。

バカルディ社は、2021年9月1日の「ナショナル・ラム・デー」に、黒人経営のバーの資金調達のために、NFTオークションを開催することを発表しました。このNFTオークションでは、限定版ラム酒「レゼルバ・オチョ・シェリーカスク・フィニッシュ」の発売を紹介しています。バカルディ社は、オークションでの収益を、アフリカ系アメリカ人が経営するビジネスを支援するためにNAACPと共催しているイニシアチブ「Backing the B.A.R.」に寄付する予定です。

ビール会社がNFTに便乗

地ビール業界は、マーケティング活動の一環として、NFTの領域に進出しています。

デンバー ・ビール カンパニーは、OpenSeaプラットフォームでも類を見ないNFT「Beer for Life」をオークションに出品しました。このNFTは、片面に「Beer For Life」の文字、もう片面にデンバー・ビールカンパニーのロゴが入った、ユニークな回転式デジタル金貨で構成されています。オークションの落札者は、デンバー・ビールカンパニーのタップルームで、1日4本までのビールを生涯無料で楽しむことができます。

2週間にわたるオークションは2021年7月7日に終了し、NFTは4.33ETH、購入時には約9,200ドルで落札されました。NFTの所有者は、そのNFTを維持しつつデンバービールで毎日喉を潤すことも、あるいはそのNFTを誰かに売ることもできます。NFT自体は譲渡可能で、有効期限もありません。

また別のビールメーカーは、実際に販売しているビールのデザインに合わせて作成されたNFTを販売しています。Whistle Buoy Brewing Companyは、2021年5月、特別版ビールに合わせてNFTをデザインすることを発表しました。地元のアーティストと提携し、手書きの番号が入った32オンスの金色の缶を特徴とする限定版のNFTを作成しました。同社は実際にドラフトで販売されていた「NFTビール」を作成販売し、OpenSeaに出品したところ、0.22イーサ(約625ドル)で売れました。

カクテルメーカーやバーテンダーもNFTを活用

NFTに参入しているのはビール会社だけではありません。カクテルをテーマにしたNFTも登場し、高額で取引されています。

2021年4月、Quality Eats社は「Into the Ether」と名付けたカクテルNFTを0.75イーサ(約2,400ドル)で販売しました。同社はこのNFTをパンデミックの影響を受けたニューヨークのレストラン従業員支援のためにROAR NY団体に寄付しました。OpenSeaのNFT売買プラットフォームを閲覧する購入希望者は、カクテルNFTのカタログを検索することができます。

バーテンダーやその他の人は、カクテルのレシピをNFT化することで(これを「ミント」すると呼びます)、そのカクテルをデジタル化することができます。誰もが自分のレシピをNFTに「ミント」すると、基本的にそれが著作権の証明となります。NFTのカクテルレシピは、ブロックチェーン上に無期限に保存され、またこの技術によって、レシピの作成者を常に追跡することができます。

バーテンダーたちは、Instagramのページを作って、自分の作ったNFTカクテルを宣伝しています。もし創作者がNFTのデジタル作品をオークションで販売しても、他のNFTミンターと同様に、新所有者にドリンクレシピを使用・表示することを許可するか等を交渉することが可能です。

以上が本日の仮想通貨ニュースでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました