毎日5分、ひとつのアイデアを考える

人生

ソフトバンクグループ創業者・孫正義は「フォーブス」誌の日本長者番付の常連です。

2017年からは連続で第1位につけています。

グループの時価総額によって順位が変動することもあるだろうが、息の長いIT長者が少ない日本にあって異色の存在です。

彼は19歳のとき、カリフォルニア大学バークレー校に留学し、経済学を専攻しました。

食事と睡眠以外のすべての時間を勉強に使っていたが、時期が悪かったです。

日本の父が病気で倒れてしまい、家族から送金してもらっていた毎月20万円の留学資金が途絶える恐れが出てきたのです。

最初から留学には無理があったのだが、いよいよ自分でお金を稼がなければ家族に迷惑をかけてしまう。

だが、勉強漬けの孫にはアルバイトに使う時間はなかった。

普通の人なら、勉強時間を削ってアルバイトをしたはずです。

だが彼は、「1日に5分だけ働いて、ひと月に100万円以上稼ぐ方法はないものか?」と本気で考えました。

友人は驚いて「バカな考えは捨てて、カフェでアルバイトしたほうが良い」とアドバイスしたが、孫は折れず、実用化を視野に入れた発明をすれば、それを企業に買ってもらえると思いつきました。

そして毎日5分だけ使って、1日にひとつ発明をする習慣を自らに課しました。

この習慣には、考える時間は毎日5分に限ること、5分考えてもアイデアが無ければ、その日は諦めることという2つの原則がありました。

毎日5分の発明を続けるうちに、発明方法にも法則が見えてきた。

孫はそれを3つに分類しました。

第一に「問題解決法」。

その名のとおり、すでにある問題を見つけて、その解決法を考える方法です。

第二に、「水平的思考法」。

たとえるならば、大きなものを小さなものに、小さなものを大きなものに、四角いものを丸いものに変える方法です。

第三は、「強制結合法」。

ラジオとカセットを組み合わせると、ラジカセになるように、既存のものを組み合わせる方法です。

「強制結合法」はもっとも多く活用され、孫はこのために300枚ものカードを作って、そこからランダムに2枚選び、結合させてみたりしたという。

この習慣を続けて多くのアイデアが集まると、その発明の中でもっとも成功の可能性が高いものを選択しました。

それは「音声つき自動翻訳機」でした。彼が大学の教授を説得してこれを開発し、シャープに売ったのは有名な逸話です。

彼の習慣で面白いのは、発明という創造的な行為に、「毎日ひとつ」というノルマを設定した点です。

「毎日5分」という時間の制限も、集中力を高める効果があります。

一生続けることもできるし、必要な時期に良いものが生まれるまで続ける、といった使い方も可能です。

誰でもマネできる、汎用性が高い習慣だといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました