33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由[本要約]

皆さんこんにちは。

今回は井上はじめさんが書かれた「33歳で手取り22万円の僕が1億円も貯められた理由」
という本を紹介したいと思います。

この本はこんなあなたにオススメです。

・お金持ちになりたい
・お金のことで損したくない
・自分の人生を自らの手でよくしたい

そんな方におすすめの本です。

この本の著者井上はじめさんはご本人曰く普通のサラリーマン。
今の給与は新入社員の時とあまり変わらず、手取り22万円以下。
会社の会議やミーティングの中で積極的に発言することが苦手。
職場の上司や同僚とコミュニケーションをとるための会社の飲み会では早く帰りたいと思ってしまう。

仕事とプライベートはしっかり分けてプライベートを充実させたい。

出世した上司や他の部署の先輩社員を見ていると誰かの上に立つのは大変そうだからやりたくない。

営業していた時の上司から営業マンとしてのバイブルにしなさいと言われて渡された交渉術のビジネス書よりも友情、努力、勝利のバイブルであるワンピースを愛読している。

などなど普通のサラリーマンとのこと。

さらに27歳の時に交通事故に遭い首の骨を含め全身骨折。
頭部外傷で一度半身不随になりました。

リハビリ生活を経験され社会復帰まで、2年6ヶ月かかっています。

その後デイトレーダーをやってみても失敗し、アフィリエイトで生活を成り立たせるためにメルマガや、ブログなど2ヶ月やったが読者は10人しかいなかったなどいろいろと苦労されています。

しかし、現在はある方法で1億円を貯められています。

著者はお金を稼ぐ力がなくてもそして際立った投資センスがなくてもお金を増やすことができるといいます。

なんだか勇気が湧いてきますね。

今回の項目は以下のとおりとなっております。

本書は33歳手取りに12万円以下のサラリーマンが1億円というお金を貯めるまでのストーリーとその具体的な方法が書かれた本である。
主な方法としては全世界株式インデックスファンドに投資をする。
そして不動産投資をする。

特に一つ目の全世界株式インデックスファンドに投資することは誰にでもでき、お金を高確率で増やすことができる方法であるという。

1人生最大の発見から全世界株式インデックスファンドを買って資産を築いた話

交通事故のあと何かあっても会社を守ってくれないということを著者は実感しました。

営業から内勤にしたらどうかとかしばらく時短勤務にしたらどうかなどの話は一切なかったそうです。

代わりはいくらでもいるサラリーマンだったと著者は感じたそうです。
そのような経験から会社に頼らず自立した生活ができるようにいろいろ副業に挑戦しました。

しかしうまくいかずでデイトレードの失敗メルマガやブログの失敗を繰り返してきました。

しかし著者はいろんなことに挑戦できるだけの経済的な余裕がありました。

それはその時点で貯めていた金額が2,000万円以上あったのだそうです。

手取り12万円で、6年しか働いていないのに貯金が2000万円あったという計算が合わない状態です。

しかしこれは親からもらったお金ではありません。

著者は全世界株式インデックスファンドにコツコツ投資をしていました。

交通事故による入院中、心から思ったのはお金があってよかったということだったそうです。

辛い目に遭ったとき一番頼りになったのはお金だったそうです。

積み立てた800万円が2200万円もの大金に膨れ上がっていました。

それが、セーフティネットとなったおかげでいろんなことにチャレンジできたし、たとえ失敗しても勉強できたと割り切ることができたんだと著者は言います。

ではなぜ全世界株式インデックスファンドにコツコツ投資していたかというと、大学生のとき人生最大の発見をしたそうです。

それは人口が増え続ける限りGDPは増えるということです。

GDPとは1年間にその国で稼がれたお金の総量です。

つまり世界人口が増え続ける限り世界で稼がれたお金の総量は増えるということです。

日本は人口が減っていてあまり実感が湧きませんが、世界という視点で見てみれば世の中の人口はずっと右肩上がりで増えていて、2000年は60億人、2006年は66億人、を超えていたそうです。

そして人口の増加に比例するように世界の GDPもすごい勢いで増えていることがわかったそうです。

著者が人口統計について調べてみると世界人口は1日20万人ずつ増え続けているということ、そして著者が定年を
迎える2050年ごろには、人口が100億人に迫る勢いだということをこれを知ったそうです。

2050年に100億人に迫るというこの数字はほぼ確実な未来だとされています。

そして、実際に全世界のGDPの合計も1985年は13兆円、2005年は47兆円、2015年は714兆円というふうに増えていたそうです。

1985年から2005年までの20年間で全世界のGDPは3.6倍に増えています。

そしてゴールドマンサックス者は2050年には世界のGDPは250兆ドルになると予想していました。

単純な話人口が増えれば働き手も増えるので世界中で稼がれお金の総量であるというGDPも比例して増える。
それに伴って世界経済は2050年まで成長し続けるだろうというロジックです。

世界が豊かになったのは、科学の進歩や農業技術の発達だけでなく、それらを推進する燃料ともいうべき世界の人口とお金の総量が増えたことも原因だと著者は思ったそうです。

この人生最大の発見人口が増え続ける限りGDPは増える。
著者はこれを信じて人生最大の決断をしました。

就職してから入ってくる給与は生活費を除いて全額を世界経済に預けよう。このように決意したそうです毎月10万円を30年間続けて3600万円を積み立てられたらきっと億万長者だと思ったそうです。

就職後、給与が4倍になる可能性はほぼゼロパーセントだと思ったそうですが世界経済に投資できれば資産は4倍にできると著者は思ったそうです。

1985年から2015年までのGDPは5.7倍に増えていますから、可能性ありそうですよね。

また世界経済に東証するという行動を実際に実行したこともすごいですよね。

このように大学時代の人生最大の発見をし新入社員になって6年間で800万円も積み立てをして実際に2000万円以上の資産を築きました。

では続いてに投資信託の始め方です。

サラリーマンができる世界経済の投資は投資信託の積立運用がいいと著者は言います。

なぜかというと片手間でできて世界経済への分散投資ができるからです。

世界経済の成長に合わせて価値が上がりそうな投資信託という金融商品を選び、毎月毎月購入し続けて積み立てていく資産運用方法をお勧めしています。

そして、2つのことを続けたそうです。

一つは元手を作るためお得な節約情報はとことん調べて実践すること。
そしてもうひとつは毎年自動で投資できる仕組みを作ったこと。

この2点です。

まず1つ目元手を作るためにお得な節約情報はとことん調べて実践する。

お金を大きく増やしていくには元手が必要で、必要な元手を節約して捻出するというのは手取り22万円のサラリーマンにとっては絶対必要条件だったそうです。

著者は社会人1年目の頃から約20万円の手取り給与の中から節約して毎月10万円で生活し、毎月10万円分の投資信託を購入するということを淡々と続けていました。

必ずしも毎月10万円を溜める必要はないそうです。

自分が何を目指すかによって毎月の積立額はそれぞれ人によって変わってくるからです。

投資信託の積立運用の良い点は普段は投資のことを意識しなくていいという点にあります。

毎月1日に一定額で同じ金融商品を購入し続けるというとてもシンプルな投資方法です。

それはお金が増えた、減った、というメンタルを左右されがちな投資の世界において大きなメリットを与えてくれる方法です。

このような定期的に一定の額で同じ金融商品を購入し続けるというとてもシンプルなこの方法のことを「ドルコスト平均法」と言います。

この投資法の良い点は毎月一定額を投資するため、自動で購入する設定だけをしておけば今自分が購入している商品の価格がいくらかなのかを気にしなくていい点です。

毎月一定額を積み立て預金するのと全く同じ感覚です。

著者が積み立てを始めた当初はリーマンショックぐらいの時で最初は資産を減らしていたそうです。

しかし、景気は10年周期だと自分を励ましていつも投資をしていたそうです。

長期的にみれば世界経済は成長すると確信があったから、いまお買い得の時期に間違いない、と考えていたそうです。

不況の時は株価が落ちますので同じ10万円でも多くの株を買うことができます。

結果から見れば毎月10万円を積み立てると優等賞はリーマンショックのような未曾有の大不況に対して最も効果的な等賞だったそうです。

購入する商品が安くなっているとき、たくさん購入でき高いときは少ししか購入できないという理にかなった方法です。

リーマンショックの時から毎月積み立てた結果、2013年までの6年間で800万円と
いうお金を積み立て投資信託の資産評価額は2000万円を超えるくらいまで増えました。

そこで初めてそれまで購入し続けた投資信託をすべて売却現金化した。

ということです。

投資をするには4つの壁と3つのルールがあるといいます。

4つの壁とは
・どの証券口座を選べばいいのか分からないという口座開設の壁・
・証券口座にお金を入れるという入金の壁。
・どの商品を選べばいいのかわからない商品選択の壁。
・そしてどうやって購入すればいいのか分からない注文の壁。
です。

一つ目の口座開設の壁については SBI証券を選びましょう。
と著者は言います。

ポイントはネット証券であるという点です。

窓口は手数料がかかるのに対してネット証券だと手数料がかからないのでその点でメリットです。

次に入金の壁について証券口座は株や投資信託などの金融商品を購入するための口座です。

銀行口座とは違い給与振込口座に指定することや公共料金の自動引き落としなどはできません。

しかし証券口座にお金を預けたからといって勝手に取引されてしまうようなことはなく、お金が減ることもありません。

仮に証券会社が倒産したとしてもそこに預けているお金はしっかり補償されます。

特定口座(源泉あり)を選択することで確定申告の手間が省けるようにもなります。

そしてSBI証券口座に毎月お金を入金する仕組みを作ります。

これは銀行口座から毎月一定額で自動引き落としの設定をします。

また投資する際はまずは税制優遇制度のNISA利用しましょう。

では続いて3つ目の壁、商品選択の壁です。

著者は三井住友 TAM世界経済インデックスファンドを選択すると良いといいます。

世界株なら個人的には三菱UFJ国際eMAXIS Slim全世界株式でも、信託報酬は三井住友TAM世界経済インデックスファンドより安いですし良いと思います。

最後に4つ目の壁注文の壁です。

ここでは毎月10万円ずつ購入します。

インデックスファンドなら金額指定で買い付けをすることができます。

もちろん毎月10万円である必要はなくて自分に合った金額を毎月積み立てていくことがお勧めです。

では続いて3つのルールについてです。

この3つのルールとは
1記帳ルール
 運用成績を毎月1日に記録すること。

2売却ルール
売却のタイミングは大きく2回。タイミングが来たらそれまで積み立てした分を全て売却する。

3売却後の積み立てる
売却して得たお金は10年分に分けて毎月の積立額に上乗せする.

ではそれぞれ深掘りしていきます。

1記帳ルール
 ここでは運用成績を毎月1日に記録します。
積立額とその時点の資産評価をつき1回記録します。

では続いて2つ目のルール売却
ルール売却のタイミングは大きく2回あります。
一つは基準価格が右肩上がりしている時期は損益が+20%を超えた時、もう一つは基準価格が右肩下がりしている時期は絶対に売却せず、積立購入を継続し、その後損益が+100%超えた時。
話が難しくなってきましたがそれぞれ解説します。

まず1つめ基準価格が右肩上がりしている時期は損益が+20%を超えた時。
+20%で利益を確定させる理由は小さな成功体験を積むことで投資を続けるモチベーションにするためです。

+20%まで増えていないのであれば誤差範囲などでそこから上がったり下がったりしても一喜一憂しないことが重要です。

20%分利益が出たらルールに従って売却し利益を確定させてしまいましょう。

その後はまた一から購入を始めます。

では次に2つ目の売却のタイミングです基準価格が右肩下がりしている時期は絶対に売却せず、積立購入を継続しその後損益が+100%を超えた時。
こちらはリーマンショックやコロナなど景気が落ち込んで、基準価格が下がり続けたら次の売却タイミングはプラ100%以上の利益が来るまで待ちます。

リーマンショックやコロナぐらいの不況じゃないと損益がマイナス20%を超えることはまずありません。

リーマンショックやコロナという時期を乗り越えた後でなければ、この2番目のタイミングは訪れません基準価格が20%割り込むぐらいの時は割安にたくさんの株を購入できます。

こういう時はバーゲンセール中だ!!
くらいに思っておいたほうが良いそうです。

その後景気が v 字回復したらそれまで割安で購入していた分一気に自分の資産が爆発的に増える未来が待っています。

では最後に3つ目のルール売却後の積み立てる

売却して得たお金は10年分に分けて毎月の積立額に上乗せすること。

例えば投資信託を全て売却して手元に1000万円入ってきたとしたらその場合は年間100万円。
1月8万円強に分けて毎月の積立額に8万円強を上乗せする。
それで合計18万円ちょっと積み立てていくという感じです。

著者はこの運用ルールによって2007年から2019年までの間で、自分の給与からは約千五百万円積み立て3600万円の約2.4倍まで資産を増やしました。

最初のうちは積立金額を多めに設定して節約を頑張ってほしいと著者はいいます。

しかし2倍以上で売却したときの金額がある程度大きくなれば、そこから先は給与収入からの積立は必要なくなる可能性もある。

節約の負担も軽減されていきます。

2050年まで30年弱あります。

この3つのルールを実行すれば、いつから積立投資を始めても高確率でもっと大きくお金を増やすことができるのではないかと著者は言います。

ではここで一つの疑問です。

これほど高確率で稼げるのになぜみんなこの投資をしないのか??

これに対する答えはこれほどつまらない投資はないからだそうです。

投資が詳しい人にしてみれば経済ニュースを見る必要もなく刺激が少なく物足りないと感じるそうです。

だからこそそれほど投資に詳しくない私たちはこの方法が実はお金を増やす上で一番確率が高いです。

では続いて3不動産投資で資産を築け

節約といえどもともとの価格が安いものを節約しても効果は薄いですよね。

例えばスーパーで限定特価も買い物をする1回100円お得とか、電気代の節約次1000円とか水道代の節約つき500円とかそんなレベルです。

著者は住居費の節約をしています。
家賃の節約をして月7万円を6万円に交渉。
住居費の節約をして2000万円で売れる中古マンションを1000万円で購入。
高額な住居費の節約は金額が大きく効率的です。

家賃交渉で成功する条件は主に2点あるといいます。

一つは物件を探す時期は5月と11月、もう一つは仲介不動産業者の営業マンを味方につける。
そして交渉の切り札は「その場で決断。」

まず一つ目物件を探す時期は、5月と11月。
4月や10月は企業の人事異動の時期でもあるので、忙しいです。

その後の5月11月がおすすめです。

大家さんは人が入居しなかったどうしようというふうに思っているタイミングです。

だからこそ交渉ができます。

次に2つ目のポイントは仲介不動産屋の営業マンを味方につける。
そして交渉の切り札は「その場で決断」です。

大家さんと直接交渉してくれるのは彼らなので、入居するか分からないお客さんのためには交渉を頑張れません。

即決するということを条件に営業マンに家賃交渉を委託します。

不動産の契約は大きな金額が動くにもかかわらず値段は時期と場合によって異なるという点で本気で取り組むべき節約であると著者は入っています。

不動産は知識と経験の世界のようです。

知識を身に着ければ物件購入時に100万円200万円レベルの節約が簡単にできるそうです。

著者の考えとしてはお買い得なマイホームを数年後同じ値段で売れたとしたらその間の住居費はタダになる。
物件を買った時よりも数年後高い値段で売ることができたら住居費はむしろプラスになる。

このように著者は自分の住居費の節約目的で不動産投資をしています。

不動産には千・百・十・一の法則があるそうです。
不動産情報を千チェック。
そして百件自分の目で実際に見に行くと不動産を見る目が肥えてくる。

十件は本気で買いたい物件に出会える。

そしてようやく一件の素晴らしい物件を購入することができるという法則です。

またリフォームの知識も重要でリフォームでコストを抑えるには3つのステップがあるのだそうです。

1自分で間取り図を書く。
2徹底的に施主支給をする。
3それを実現してくるリフォーム業者に依頼する。

この3つは一見ハードルが高いように見えて勉強すれば素人にも可能なようです。

step 1自分で間取り図を書く
 電気やコンセントの位置も指定して最低限必要な要素をおさえておけば特別なソフトがなくても図面がかけるそうです。

step 2徹底的に施主支給をする
 施主支給とは施主が工事業者に対して住宅設備などを提供することです。
通常リフォームは一つの業者に依頼して設備手配に関してもお任せする場合がほとんどらしいです。
しかし業者からは設備の手配費用と取り付け費用を一括請求されるので当然設備費用が割高になります。
この設備調達のほとんどを自分でやることにして業者は取り付けのみをお願いするということです。
これを不動産用語では施主支給と言います。

また備品はメルカリやヤフーオークションなどでも安く買えます。

続いて
step 3それを実現してくれるリフォーム業者に依頼する
 リフォーム業者からすると本来なら間取り提案や設備手配も全て含めて利益に載せたいので施主支給のリフォーム依頼は敬遠されやすい傾向にあります。
しかしこういう依頼でもきちんと対応してくれるリフォーム業者は存在します。
そこにお仕事をお願いするということです。
著者はこのようなリフォームを行い2年間住み続けたにもかかわらず、売却時に600万円の利益を出しています。
居住費は0円というかむしろお金をもらって住んでいたという状態です。
不動産に関する知識や経験がありそれらを実践すればお金をもらいながら住むことができるということなんですね。
このあたりについては勉強する価値がありそうです。

ではこのあたりで最後に内容をまとめます。

1人生最大の発見から全世界株式インデックスファンドを買って資産を築いた話
 給与が少なくても節約して生活し余ったお金を銀行ではなく世界経済に預けて資産の基礎を築く。

2投資信託のはじめ方
世界経済に投資できるインデックスファンドに毎月一定額を積み立てる。
世界的に人口が増え続けている今を生きている私たちなら誰でもいつからでもできる投資法です。

3不動産投資で資産を築け前フォームを安く購入して高く売却する
 不動産に関する知識や経験があればそれが可能である。

という話でしたが今回紹介した本、33歳で手取り22万円の僕が一億円をためられた理由ではSBI証券での口座開設の具体的な説明などまだまだ紹介できていない部分が多いです。

とてもお勧めの本ですのでぜひ読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました