瞑想で人生が変わります。人生に瞑想を取り入れましょう

人生

メリット1 ストレスの減少

人はストレスを感じることによりアドレナリンコレチゾールが分泌されます。

この2つの物質により人は動悸が早くなったり血圧は上昇し、脳や筋肉に糖が行き人は警戒態勢に入ります。

これらは少しの間ならパフォーマンスが上昇しますが、長期的にストレスを感じると不眠症高血圧自律神経失調症になってしまいます。

これらを防ぐためには瞑想が欠かせなくなってきます。

瞑想をすることによりコレチゾールの減少、精神安定剤よりも瞑想の方がストレスを減少させやすいことも明らかになっています。

人はストレスをコントロールできると感じるとストレスの悪影響を受けにくくなります。

これはネズミも同じで2匹のネズミに電気ショックを流すという実験で、片方には電気ショックを止めるレバーを設置し、片方にはレバーなしの状態で電気ショックを流し、片方がレバーを押したら両方とも電気ショックが止まる状況を作った場合、レバーが押せるネズミはストレスを感じつつも体調は安定して、レバーが押せないネズミはだんだんと衰弱していきました。

レバーがあるだけで、ストレスの悪影響は少なくなり、このレバーの代わりに当たるのが瞑想だと言われています。

瞑想を五分間だけやってもストレスは軽減し、瞑想を覚えた人はストレスを感じても瞑想をすればストレスが軽減するからいいか

と思うようになります。

メリット2 物理的に脳の容積を変化させること

瞑想をすることによって脳の記憶や空間学習能力を司る海馬。

側頭頭頂接合部のTPJが著しく増加することが分かっています。

TPJは他者の気持ちや心理状態を予測する機能を司っているため共感力に大きく影響してきます。

また瞑想をすることによって篇挑体の容積が減少します。

篇挑体は恐怖やストレス、不安を司る部分であるため篇挑体が減少すると心配性や不安症、ストレスの抑制につながります。

メリット3 脳疲労を抑える

人の脳は60〜70%ほど雑念で疲労しており、その原因がDMNと言われる脳のネットワークです。

DMNは意識的な活動をしていない時も働くため、脳の消費が激しくなります。

このDMNの働きを抑えることによって本当に考えたいことを考えられるようになります。

そしてこのDMNを抑えるのが瞑想なのです。

何もしていないのにだるいと感じる人や、頑張るとすぐに疲れてしまう人は是非瞑想をしてDMNの働きを抑えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました