オープン系プログラマー

プログラミング

オーブン系プログラマーとは複数のコンピュータで構築するシステムをオーブン系と呼びます。


代表的なOSはUNIXです。

凡庸系システムとは相反する特徴を持っています。

導入コストの削減や常時アップデートが可能にしています。

また、ソースコードが公開されているソフトウェアやOSを使ってシステムを構築することもオープン系のお仕事です。

Web系プログラマーと仕事内容がかぶることもあり、求人ではWeb・オープン系プログラマーと募集されることも。

オープン系プログラマーの仕事内容

内容としては、顧客情報を保管するデータベースや、病院のデータベースなどを開発します。

電子カルテのシステムを開発するのもオープン系の仕事です。

オープン系プログラマーの主な言語

主な言語はJava、PHPなどが主流となってきます。

他にもRubyを使うケースも増えてきています。

使う言語が増えてきたため、複数の言語に精通したプログラマーは需要が高まりつつあります。

オープン系プログラマーの平均年収

オープン系プログラマーの平均年収は以下となります。
・20代 480万
・30代 520万
・40代 680万

凡用性の高い言語を扱っているため他のプログラマーにキャリアチェンジすることも可能です。

タイトルとURLをコピーしました