Webプログラマーとは

未分類

Webプログラマーの平均年収

WebプログラマーとはWebサイトに特化したプログラミングを中心とするお仕事です。


システムエンジニアが設計した仕様書に沿って開発を行います。また、経験が豊富な方は設計や全体管理などの仕事にも携われるようになります。

普段みんなが使っているSNSもWebプログラマーによって快適に使うことができているのです。

普通Webサイトを作る際にはクライアントサイドとサーバーサイドの2つのプログラムが必要で、Webプログラマーはその両方の開発に携わります。

Webサイトを閲覧する人のためのプログラムがクライアントサイドで、インターネット上のやりとりをして、データのやりとりを行い、クライアントサイドへその要求に沿った処理を施し結果を送るのがサーバーサイドの仕事です。

Webプログラマー に必要なスキル

Webプログラマーは様々なプログラミング言語を求められます。プログラミング言語はたくさんあるので、開発する内容によって覚える言語をあらかじめ決めておくのがいいでしょう。

プログラミング言語の中でも需要が高く、初心者でも取り組みやすい言語がPHP言語です。


また、Webプログラマーは常に高品質で最速で開発することが求められるので、常に向上心を持って、自発的に調べられる人でないと向きません。

Webプログラマーの 平均年収

Webプログラマーはクリエイター系の職種であるため、年収はスキルによって大きく変わります。

そんなWebクリエイターですがあえて平均年収を出すとすれば601万です。(平成30年 厚生労働省発表)

しかし、その差は大きいので年収低い人は低く、高い人では1000万を超える人もいます。

また、平均年収といっても企業の規模やスキルによっても大きく変わります。

Web業界は需要が高いが、人材がまだまだ不足しています。スキルによって収入が変わってくるため自分の力で進みたいという人には向いている職業でしょう。

タイトルとURLをコピーしました