システムエンジニアとは システムエンジニアの仕事内容、年収、必要スキルを公開

プログラミング

システムエンジニアとは

システムエンジニアとは、ユーザーのニーズを把握して、システム化するユーザーの業務内容を分析し、最適な問題解決を設定し、プログラマーに指示を出し、テストを繰り返しながら完成を目指していくお仕事です。

完成後も運用管理や、メンテナンスなども定期的にやらなければいけません。

コンピューターの操作だけでなく、ユーザーが何を求めているのかも調べ、制作スタッフとコミュニケーションも図らないといけないため、専門的知識に加えて、コミュニケーション力も必要となってきます。

システムエンジニアが上流工程は「要求分析・要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」などがあります。

要求分析・要件定義

顧客の要望に全て答えるのは難しいため、システム開発に必要な開発期間、費用を算出した上で、顧客の要望にどのように答えるかを考えます。

基本設計

クライアントのニーズを実現するシステムの設計を行う工程です。どのような機能をつけ、表示方法や、操作方法などを決定していきます。

詳細設計

どのような技術や仕組みで実現するかを詳細に決定していく工程です。プログラマーがプログラミングに必要な、細かな設計を行います。

テスト

最後にシステムがちゃんと動くかどうかをテストする工程があり、それで終了です。

システムエンジニアに求められる能力

システムエンジニアに求められる能力としては、コミュニケーション力、技術力、マネジメント力が求められます。

平均年収

システムエンジニアの年収はスキルや、経験、業界によって様々ですが、およそ450万〜550万です。

最終的にはITコンサルタントになることで昇給も可能です。

システムエンジニアになるためには

システムエンジニアに必要なスキルはコミュニケーション力、技術力、マネジメント力か必要ですが、より専門的な能力が必要なのは技術力です。

システムエンジニアになるためには高度な技術的能力を有するのが大前提となります。

まずシステムエンジニアが身につけるべき技術的能力は「プログラミング」のスキルを身につけるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました